9月4日にわかさスタジアム京都で開幕した関西学生野球秋季リーグ戦。京大が近大に5対3で勝利し、開幕戦を飾った。

 この試合で勝利投手になったのが、同点の7回表から2番手で登板した水口創太(3年・膳所)だ。身長194㎝から快速球を投げ込み、8回には自己最速の149キロをマーク。ただストレートで押すだけでなく、カットボールで内野ゴロを打たせる投球術も併せ持っており、智辯学園神戸国際大附星稜といった甲子園常連校出身者がスタメンに並ぶ近大打線を2回無安打無失点に抑え込んだ。

 8回裏に代打を出された関係で降板したが、その後に味方が2点を勝ち越したことでリーグ戦初勝利を飾り、「心の底から嬉しいです」と喜んだ。

 滋賀県大津市出身の水口は小学2年生から晴嵐スポーツ少年団で野球を始め、1学年上には京山 将弥(DeNA)がいた。膳所高では2年秋からエースとなり、3年夏の県16強が最高成績だった。

 京大には一浪を経て入学。高校の後輩であり、大学では同期になった2018年春甲子園出場時のエース・手塚 皓己とルームシェア生活を送っている。

 入学当時の最速は140キロに満たず、受験勉強のブランクもあったが、継続的なウエイトトレーニングの成果もあり、学年を経るごとに成長。今春にリーグ戦デビューを果たし、この秋に飛躍の予感を感じさせた。

 医学部に在学しているが、理学療法などを学ぶ人間健康科学科のため、4年で卒業が可能。「行ける実力があれば行きたいです」と卒業後も上の世界で野球を続けることを希望している。

 報徳学園のエースとして活躍し、ソフトバンクでもプレーした近田怜王助監督が「ポテンシャルの塊」と認める逸材の今後に注目だ。

(取材=馬場 遼)