8月23日、第103回全国高等学校野球選手権は33試合を開催され、ベスト16が出揃った。今回は140キロ以上を出したスピード一覧を掲載したい。

152キロ
風間 球打明桜

149キロ
岩佐 直哉近江

148キロ
阪上 翔也神戸国際大附
滝口 琉偉日大山形

147キロ
田中 晴也日本文理

146キロ
寺嶋 大希愛工大名電
木村 大成北海
京本 眞明豊

145キロ
山田 陽翔近江
髙須 大雅静岡
小畠 一心智辯学園
竹中 勇登大阪桐蔭

144キロ
花田 侑樹広島新庄
秋山 正雲二松学舎大附
川原 嗣貴大阪桐蔭

143キロ
深沢 鳳介専大松戸
松浦 慶斗大阪桐蔭
山崎 琢磨石見智翠館

142キロ
伊東 大夢東北学院
楠本 晴紀神戸国際大附

141キロ
小西 彩翔県立岐阜商
森山 暁生阿南光
外丸 東眞前橋育英
吉崎 空敦賀気比
岡本 陸専大松戸

140キロ
吉田 匠吾浦和学院
渡辺 翔真盛岡大附
上山 颯太三重
野崎 慎裕県立岐阜商

 140キロ以上は30人で、145キロ以上は12人だった。150キロ超えは風間1人だったが、風間は2回戦の明徳義塾戦で平均球速146キロと、プロのローテーション投手と変わらない数字を叩き出した。155キロなど刺激が強いスピードではなかったが、現在、平均球速という指標が重視されている中、トップレベルのストレートを投げる投手が出てきたのは嬉しいことだ。

 また、北海木村 大成は、センバツから平均球速4キロ増の140キロに到達。多くの投手がスピードアップを遂げており、コロナ禍で調整が難しい中、しっかりと素質を伸ばしているのは素晴らしい。

 3回戦から智辯和歌山が初登場するが、さらに更新する投手が現れることを期待したい。