2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

 15日、第103回全国高校野球選手権大会は3日間の順延を挟み大会第3日を迎え、1回戦4試合が行われた。

 3時間遅れとなる11時から試合開始した第一試合は明桜帯広農に4対2の逆転で勝利した。明桜風間 球打は今大会最速となる150キロを計測。10奪三振完投で再戦を制した。

 第二試合は明徳義塾がサヨナラで名門対決を制した。県立岐阜商は1点ビハインドで迎えた8回、松野匠の適時打で同点に追いつく。しかし9回、明徳義塾は二死2塁の好機で森松 幸亮が中越えへ運び、3対2で接戦を制した。

 春の選抜の開幕戦と同カードとなった第三試合は神戸国際大附が2対1で接戦を制した。北海のエース左腕・木村 大成は9回152球2失点の粘投も春の雪辱とはならなかった。

 第四試合の高川学園vs小松大谷の一戦は7対6で初勝利を収めた。主催者によると、試合時間が確認できる第35回大会以降、101回大会まで、最も遅い試合開始時刻は第47回大会の1回戦・報徳学園(兵庫)vs広陵(広島)で午後6時50分。

 そして、最も遅い試合終了時刻は第50回の1回戦の津久見(大分)vs高岡商(富山)。延長12回まで及んだ一戦は午後9時27分だった。

 この試合は試合開始が19時10分、試合終了時間は21時40分と歴代で最も試合開始が遅く、試合終了が遅い歴史的な試合となった。さらに高川学園の全国初勝利と歴史的な一戦となった。

 翌16日も1回戦4試合が行われる予定。なお順延の影響で第8日まで1日4試合を行うスケジュールとなった。

2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

■大会日程・応援メッセージ
第103回全国高等学校野球選手権大会

■8月15日の試合

■8月16日の試合