2015年のNPBジュニアトーナメント経験者が順調に成長を遂げている。今年で高校3年生を迎え、各校で主力選手になっている選手が多い。

【埼玉西武ライオンズ】

長谷川 亮輔春日部共栄
井坪 朝陽日大三
佐藤 裕一郎山村学園
塩原 智(神港学園
佐藤 優成作新学院
荒井 駿也(慶應義塾
生沼 令大(栃木工
小泉 拓巳(国士舘
飯塚 洸貴春日部共栄
須貝 将希(明秀学園日立
永井 龍樹(明秀学園日立
野中 駿哉健大高崎
羽田 慎之介八王子

 今年の高校生を代表する左腕・羽田 慎之介明秀学園日立の強打者・永手、健大高崎の強打の外野手・野中など、ポテンシャルが高い選手が揃った世代だった。その他にも慶應義塾の145キロ左腕・荒井、日大三の大型外野手・井坪は大会でも活躍した。

 甲子園出場を決めたのは、作新学院の佐藤。栃木大会でも中継ぎとして胴上げ投手となった。140キロ超をマークする速球派右腕だ。非常にポテンシャルが高い選手が多く、卒業後も楽しみなチームといえるだろう。