2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

今年の大阪桐蔭を徹底分析!
【秋】本当に史上最強なのか?優勝候補・大阪桐蔭の戦力を徹底分析!
【春】「らしくない大阪桐蔭」から2ヶ月で真骨頂を発揮し、3年ぶり近畿制覇
【夏】3年ぶりの日本一を狙う大阪桐蔭。全国トップレベルの戦力を徹底紹介

 8月1日、大阪大会決勝戦が開催され、大阪桐蔭が4対3で興國を破り、3年ぶりの優勝を決めた。

 3回裏、大阪桐蔭は4番花田 旭の適時三塁打と5番前田 健伸のスクイズで3点を先制。

 大阪桐蔭のエース・松浦 慶斗は制球力重視の投球で、常時140キロ前後の速球、120キロ後半のスライダーを投げ分け興國打線を抑えていく。しかし6回表に1点を取られ、9回表にも二死一、二塁から6番大森、7番渡部の連続適時打で同点に。

 しかし9回裏、二死三塁のチャンスから3番・池田 陵真が初球をレフト前適時打。前日の準決勝で同点本塁打を放った男が決勝戦で大仕事を果たした。

2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

■大会日程・応援メッセージ
第103回 全国高等学校野球選手権 大阪大会

■8月1日の試合

第103回 全国高等学校野球選手権 大阪大会

第103回 全国高等学校野球選手権 大阪大会
決勝 大阪桐蔭    4  -  3    興國 大阪シティ信用金庫スタジアム 応援メッセージ