第103回全国高校野球選手権広島大会は1日、決勝を行い、広島新庄が春夏連続、夏は5年ぶり3度目の甲子園出場を決めた。

 広島新庄は初回から攻撃全開だった。無死満塁から押し出し四球で先制すると、内野ゴロの間にさらに1点を追加。その後、連続適時打でこの回一挙5点を挙げた。2回は犠飛で1点を追加すると、4回にも2得点を挙げるなど、序盤から大量リードを奪い12得点の圧勝。創部初の春夏連続甲子園を、新チーム結成以来、広島県で無敗を続けた「完全V」で飾った。

 先発マウンドの背番号18左腕、西井 拓大(3年)は、快進撃を続けてきた祇園北打線を封じ込め、秋山 恭平(3年)との「完封リレー」を完成させた。

 ノーシードから強豪私立校を次々に破り、創部39年目で初めて決勝にコマを進めた祇園北。悲願の初甲子園は来年以降に持ち越しとなった。

■大会日程・応援メッセージ
第103回 全国高等学校野球選手権 広島大会

■8月1日の試合

第103回 全国高等学校野球選手権 広島大会

第103回 全国高等学校野球選手権 広島大会
決勝 広島新庄 12  -  0    祇園北 広島県立びんご運動公園野球場(しまなみ球場) 応援メッセージ

広島大会の勝ち上がり