2ページ目にトーナメント表を掲載中!】



大会展望
“私学4強”健在、享栄にセンバツ4強中京大中京や春優勝の愛工大名電、東邦が続く

注目選手
二刀流・田村 俊介など夏の愛知を盛り上げる逸材33名

 31日、愛知大会は決勝戦が行われ、愛工大名電享栄が甲子園をかけて激突した。

 春の県大会決勝と同一カードとなった一戦は、初回に享栄田村 虎治郎の二塁打からチャンスを作ると、4番・彦坂 藍斗のタイムリーで2点を先取した。

 1回を終えた段階で1時間45分ほどの中断が入ったが、愛工大名電は再開後にエース・田村 俊介を登板させて、享栄の流れを食い止める。
 すると4回に、享栄竹山 日向から初ヒットを記録すると、4番・宮崎 海の二塁打で反撃のチャンスを作る。ここで、5番・加藤 蓮の犠牲フライで1点を返した。

 さらに5回には1番・利光 真之介のフェンス直撃の二塁打で2対2とすると、相手バッテリーのミスやエース・肥田 優心、そして浜田 慶太を攻めて立てて、愛工大名電は一挙6得点で7対2と勝ち越した。

 6回からは右のエース・寺嶋 大希が登板する。立ち上がりを無失点で抑えると、直後の攻撃で4番・宮崎がタイムリーを放ち、8対2と投手陣を援護する。

 7回に享栄に1点を返されて8対3とされると、9回には2点を奪われて8対5とされる。しかしそれ以上の反撃を許さず、最後のアウトを主将・田村が捕って、愛工大名電が3年ぶり13度目の夏の甲子園出場を決めた。

2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

■大会日程・応援メッセージ
第103回 全国高等学校野球選手権 愛知大会

■7月31日の試合

第103回 全国高等学校野球選手権 愛知大会

第103回 全国高等学校野球選手権 愛知大会
決勝 愛工大名電    8  -  5    享栄 岡崎市民球場 応援メッセージ