3年ぶりの優勝を狙う二松学舎大附帝京との準決勝を戦う今大会のベンチ入りメンバー20名の顔ぶれは以下の通り。

【ベンチ入り選手】
1番 秋山 正雲(3年)
2番 冨安 翔太(3年)
3番 関 遼輔(3年)
4番 親富祖 凪人(2年)
5番 浅野 雄志(3年)
6番 永見 恵多(3年)
7番 櫻井 虎太郎(3年)
8番 栗本 優伸(3年)
9番 丸山 丈司(3年)
10番 布施 東海(2年)
11番 西堀 温人(3年)
12番 鎌田 直樹(3年)
13番 岩崎 遥斗(2年)
14番 成澤 悠太(3年)
15番 日笠 礼凰(1年)
16番 栗島 義昌(3年)
17番 瀬谷 大夢(2年)
18番 宮下 歩夢(1年)
19番 平山 雄大(3年)
20番 安藤 榛哉(3年)

 今年の顔はエース左腕・秋山。野手陣も堅守が光るサード浅野などが秋山を支える。打線も爆発力があり、一挙複数得点で流れを引き寄せ試合を決めてきた。秋、春ともに都4強で涙を飲んだ。今チームにとってこの準決勝の帝京戦が大一番と言えるだろう。