東東京大会ベスト4まで進出した関東一。準決勝では修徳との対戦となるが、今大会のベンチ入りメンバーを今回は見ていきたい。

【ベンチ入り選手】
1番 市川 祐(3年)
2番 石見 陸(3年)
3番 津原 璃羽(3年)
4番 立花 大地(3年)
5番 初谷 健心(3年)
6番 楠原 悠太(3年)
7番 染谷 真ノ介(3年)
8番 鎌倉 滉太(3年)
9番 五十嵐 奨斗(3年)
10番 鈴木 義信(3年)
11番 小島 慧斗(3年)
12番 長堀 翔(3年)
13番 高田 基人(3年)
14番 秋葉 皓介(2年)
15番 冨澤 壱守(3年)
16番 青木 慶悟(3年)
17番 滝川 柊憂(3年)
18番 田中 渓樹(3年)
19番 成井 颯(2年)
20番 片山 嘉月(3年)

 投手はエース・市川を軸に、鈴木や小島、2年生・成井など複数投手を起用しながら勝ち抜いてきた。野手陣は夏の甲子園を経験している初谷や主将の楠原などが中心となって、打撃だけではなく総力を絡めたきめ細かい野球を今年も展開する。関東大会準優勝校として、夏の甲子園出場を決められるか、20人全員に注目だ。