2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

 7月29日、第103回奈良大会決勝戦は智辯学園高田商に6対4で勝利し、2大会連続の甲子園出場を決めた。

 1回表、犠飛で先制を許したが、その裏、8安打を集中し、6得点を入れ、逆転に成功。先発・小畠 一心は8回を投げて、3失点の力投を見せた。

 9回表、西村 王雅がマウンドに登り、最後の打者を三振に打ち取り、優勝が決まった。
 優勝監督インタビューで小坂監督は「最後は西村と決めていました。センバツではベスト8で負けてしまったのでやり返すつもりで、全国制覇できるよう頑張っていきたいです」と意気込みを語った。

2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

■大会日程・結果
第103回 全国高等学校野球選手権 奈良大会

■7月29日の試合

第103回 全国高等学校野球選手権 奈良大会

第103回 全国高等学校野球選手権 奈良大会
決勝 智辯学園    6  -  4    高田商 佐藤薬品スタジアム(奈良県立橿原公苑野球場) 応援メッセージ