決勝戦まで勝ち上がった横浜。今大会のベンチ入り選手を紹介していきたい。

【ベンチ入り選手】
1番 山田 烈士(3年)
2番 立花 祥希(3年)
3番 玉城 陽希(2年)
4番 増田 悠人(3年)
5番 宮田 知弥(3年)
6番 緒方 漣(1年)
7番 金井 慎之介(3年)
8番 安達大和(3年)
9番 岸本 一心(2年)
10番 田高 康成(2年)
11番 佐竹 綱義(2年)
12番 丸木 悠汰(3年)
13番 延末 勧太(3年)
14番 板倉 寛多(2年)
15番 杉山 遙希(1年)
16番 山崎 隆之介(1年)
17番 八木田 翁雅(2年)
18番 中藤 光洋(3年)
19番 笹田 聡也(3年)
20番 小野 勝利(1年)

 投打ともに3年生から1年生までがベンチに入り、ここまでは総力で勝ち抜いてきた。なかでも投手は山田、金井、田高など複数投手を上手く起用しながら勝ち上がった。また1年生ながら1番に座る緒方や立花、さらに安達といった野手陣で投手を援護できるか。20人全員に注目だ。