2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

 7月27日、第103回群馬大会は前橋育英と健大高崎の一戦は激戦となった。

 先制したのは健大高崎。3回裏に吉里 竜門の適時打で1点を入れる。しかし8回表、前橋育英は主砲・皆川 岳飛の適時打で同点に追いつく。そして12回表、3番岡田 啓吾の2ランで勢いづいた前橋育英はこの回、5点を入れた。

 投げては背番号1の外丸東が被安打4本、1失点完投勝利を挙げ、5大会連続の甲子園出場を決めた。健大高崎はサヨナラのチャンスにあと1本が出なかった。

2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

■大会の詳細・応援メッセージ
第103回 全国高等学校野球選手権 群馬大会

■7月27日の試合

第103回 全国高等学校野球選手権 群馬大会

第103回 全国高等学校野球選手権 群馬大会
決勝 前橋育英    6  -  1    健大高崎 群馬県立敷島公園野球場(上毛新聞敷島球場) 応援メッセージ