決勝戦をかけた横浜創学館慶應義塾の一戦は、横浜創学館に軍配が上がった。

 0対0で迎えた3回、横浜創学館は二死・二、三塁から4番・長井 俊輔の犠牲フライで、先取点を掴むことに成功する。さらに5回には4番・長井が2打点目となるタイムリーと7番・齋藤 慶太朗の走者一掃の三塁打で一挙4得点と、一気にリードを広げた。

 守っては注目右腕・山岸 翠が、打たせて取る投球で慶應義塾打線をアウトを重ねる。6回、7回とそれぞれ失点は重ねるものの、味方の好守にも支えられながら、リードを守っていく。

 5対2で9回に入ると、そのままエース・山岸がマウンドに上がる。ランナーを1人出すものの、連打までを許さずに、横浜創学館慶應義塾を下した。

 山岸は「相手がどんどん振ってくると思ったので、打たせて取る投球を心がけました」と変化球主体の投球で、強力・慶応義塾打線相手に粘り強い投球で勝利を呼び込んだ。

 13年ぶりの決勝戦は28日に横浜と対戦することになった。決勝進出へ牽引した山岸は「チャレンジャーの気持ちで逃げずに投げていきたいと思います」と意気込みを語った。

 横浜には勝ったことがないという横浜創学館は、因縁の相手に勝利して甲子園行きの切符を掴めるか注目だ。

■大会の詳細・応援メッセージ
第103回 全国高等学校野球選手権 神奈川大会

■7月26日の試合

第103回 全国高等学校野球選手権 神奈川大会

第103回 全国高等学校野球選手権 神奈川大会
準決勝 横浜    9  -  1    藤沢翔陵 サーティーフォー保土ヶ谷球場 応援メッセージ
横浜創学館    5  -  2    慶應義塾 バッティングパレス相石スタジアムひらつか 応援メッセージ