2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

大会展望
本命不在の混戦模様 2年ぶり夏の甲子園の切符を勝ち取るのは?

注目選手
好左腕豊作!鹿児島の逸材11名

 第103回全国高校野球選手権鹿児島大会最終日は7月26日、鹿児島市の平和リース球場で決勝があり、樟南が5年ぶり20回目となる夏の甲子園への切符を手にした。

 決勝戦はともに鹿児島勢最多となる20回目の甲子園出場を目指す樟南鹿児島実が対戦。初回に3番・下池 翔夢主将(3年)のタイムリーで先制した樟南が毎回の15安打で7得点を挙げて終始優位に試合を進めた。エース西田 恒河(3年)は緩急を丁寧に使った投球で鹿児島実打線を7安打完封した。

 優勝した樟南は全国大会(8月9日―・甲子園)に出場する。

2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

■大会の詳細・応援メッセージ
第103回 全国高等学校野球選手権 鹿児島大会

■7月26日の試合

第103回 全国高等学校野球選手権 鹿児島大会

第103回 全国高等学校野球選手権 鹿児島大会
決勝 樟南    7  -  0    鹿児島実 平和リース球場(県立鴨池) 応援メッセージ