7月25日を終えて、新たに6校の出場が決まった。今回もセンバツ出場校の状況をお伝えしたい。

春夏連続出場を決めたチーム

専大松戸
敦賀気比
明豊

残念ながら惜しくも敗れたチーム

仙台育英
下関国際
上田西
柴田
仙台育英
東海大甲府
東海大相模
鳥取城北
福岡大大濠
具志川商
東播磨
八戸西
三島南

 21世紀枠は全て敗れる形となった。

決勝まで勝ち進んでいるのは

市立和歌山
健大高崎
常総学院
大崎

 センバツ準優勝の明豊は重圧を乗り越えて連続出場を決めた。初戦の苦戦を乗り越えてから一戦ごとに強くなっていく様子が見えた。

 また26日は茨城の決勝戦があり、常総学院は秋の決勝で敗れた鹿島学園と対決する。こちらの対決も見逃せない。