第103回全国高校野球選手権愛媛大会は24日、準々決勝2試合が行われ、新田松山商が準決勝へコマを進めた。

 新田は1回に2点を先制。4回、宇和島東に1点を返されたが、終盤の8回に3点を奪って勝負を決めて、3年ぶりベスト4入りを果たした。

 松山商は4回に1点、5回に1点それぞれ挙げたが、東温がその裏に1点づつを返すシーソーゲームで、2-2のままで延長戦へ。延長10回に1点を勝ち越すと、マウンドの背番号1・松崎が東温を封じて勝負を決めた。

 準決勝は26日に行われる。

■大会日程・結果
第103回 全国高等学校野球選手権 愛媛大会

■7月24日の試合

第103回 全国高等学校野球選手権 愛媛大会

第103回 全国高等学校野球選手権 愛媛大会
準々決勝 新田    5  -  1    宇和島東 松山中央公園野球場 (坊っちゃんスタジアム) 応援メッセージ
松山商    3  -  2    東温 松山中央公園野球場 (坊っちゃんスタジアム) 応援メッセージ

■7月26日の試合

第103回 全国高等学校野球選手権 愛媛大会

第103回 全国高等学校野球選手権 愛媛大会
準決勝 聖カタリナ    3  -  2    松山商 松山中央公園野球場 (坊っちゃんスタジアム) 応援メッセージ
新田    9  -  2    川之江 松山中央公園野球場 (坊っちゃんスタジアム) 応援メッセージ

愛媛大会の勝ち上がり