第103回全国高校野球選手権山口大会は24日、準々決勝2試合が行われ、宇部鴻城岩国商がベスト4に進んだ。

 宇部鴻城は1回に1点を先制。終盤にも着実に追加点を奪って、熊毛南に主導権を渡すことなく5―1で勝利した。先発の背番号11の浦部は1失点の完投でチームの4強入りに貢献した。19年に続く「連覇」まであと2勝とした。

 名門校同士の対決となった試合は、岩国商宇部商を11ー4の7回コールドで下し、優勝した13年以来、8年ぶりのベスト4入りを決めた。1回に1点を先制されたが、その裏に一挙5得点で逆転。そのままリードを広げて勝利した。

 残り準々決勝2試合は25日に行われる。

■大会日程・応援メッセージ
第103回 全国高等学校野球選手権 広島大会

■7月24日の試合

第103回 全国高等学校野球選手権 山口大会

第103回 全国高等学校野球選手権 山口大会
準々決勝 宇部鴻城    5  -  1    熊毛南 西京スタジアム 応援メッセージ
岩国商 11  -  4    宇部商 西京スタジアム 応援メッセージ

■7月25日の試合

第103回 全国高等学校野球選手権 山口大会

第103回 全国高等学校野球選手権 山口大会
準々決勝 高川学園 10  -  0    山口鴻城 西京スタジアム 応援メッセージ
西京 14  -  9    柳井 西京スタジアム 応援メッセージ

山口大会の勝ち上がり






■大会日程・応援メッセージ
第103回 全国高等学校野球選手権 山口大会