2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

 21日、第103回全国高校野球選手権 岡山大会は準々決勝2試合が行われた。

 創志学園玉島商の一戦は、序盤から創志学園が点数を重ね、5回終了時点で2対0でリードしていた。玉島商は6回に1点を入れて反撃を始めたが、創志学園が直後にダメ押しの2点を追加して勝負を決めた。4対2で玉島商を下して、創志学園がベスト4入りを果たした。

 倉敷商関西の試合は、7回終わって2対2と一歩も引かない試合展開となる。そうした中、関西は8回に1点勝ち越しに成功し、試合が決まったかと思われたが、倉敷商が9回に2点を奪い逆転に成功。関西の最後の攻撃を凌いで、準決勝進出となった。

 準決勝は23日、決勝は25日に開催予定となっている。

2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

■大会日程・結果
第103回 全国高等学校野球選手権 岡山大会

◇7月21日の試合

第103回 全国高等学校野球選手権 岡山大会

第103回 全国高等学校野球選手権 岡山大会
準々決勝 創志学園    4  -  2    玉島商 岡山県倉敷スポーツ公園野球場(マスカットスタジアム) 応援メッセージ
倉敷商    4  -  3    関西 岡山県倉敷スポーツ公園野球場(マスカットスタジアム) 応援メッセージ

◇7月23日の試合

第103回 全国高等学校野球選手権 岡山大会

第103回 全国高等学校野球選手権 岡山大会
準決勝 おかやま山陽    8  -  0    就実 岡山県倉敷スポーツ公園野球場(マスカットスタジアム) 応援メッセージ
倉敷商    4  -  3    創志学園 岡山県倉敷スポーツ公園野球場(マスカットスタジアム) 応援メッセージ