7月も終盤に入り、各地で開催されている夏の大会は佳境を迎えつつある。甲子園を目指す熱戦が繰り広げられる一方で、半数の高校が新チームをスタートさせている。

 3年生は高校野球を引退し、大学進学してからも野球を続けるかどうかを考えている球児たちは多いと思う。そんな球児達に対して、今回は硬式、軟式のどちらの良さも併せ持ったあるカテゴリーを紹介していきたい。

1年生からでもチャンスをもらえる貴重な場所


 試合前のセレモニーや打席に向かう選手へBGMを流す。さらに動画によるライブ配信も実施されるなど、プロ野球顔負けの演出が続く。梅雨による曇り空が広がる6月下旬、名称が変わったスリーボンドスタジアム八王子は、高校野球とはひと味違う特別な空気が漂っていた。

 明るく陽気な雰囲気のグラウンドからは、金属音が聞こえてきた。やはり硬式野球がやっているかと思われたが、よく見ると硬式野球ではなく、使われていたのは準硬式だった。

 東都大学準硬式野球連盟は、6月頃に大学1、2年生を対象とした新人戦(株式会社アルシスコーポレーション協賛)を2018年より開催。第4回大会を迎えた2021年は、3月の関東地区選手権と東都1部リーグを制した中央大が、國學院大を5対1で下して優勝を飾った。

 関東地区選手権と同じ顔合わせとなった一戦は、2回に中央大の4番・川満 剛(2年・糸満出身)のセンターへのホームランから試合が動く。追いかける國學院大も3回に1番・森川稔弘(2年・弥栄出身)のタイムリーで追いつくが、5回に中央大8番・功刀 史也(1年・山梨学院出身)の勝ち越し打などで3点を奪取。4対1と勝ち越した。

 7回にもダメ押しの1点を加えると、中央大は最終回に石井竜弥(2年・浦和学院出身)が試合を締めて優勝を飾った。MVPに輝いた石井は「優勝を味わうことが出来て良かったです」と優勝の喜びをかみしめた。

 3位決定戦は、日本大と青山学院大の一戦が行われた。前回大会の決勝カードだったが、日本大先発・金築拓弥(1年・松江南出身)の好投や、4番・中島 健輔(2年・日大鶴ヶ丘出身)の3打点の活躍など11対0で日本大が3位を掴んだ。



日本大・金築拓弥(1年・松江南出身)など地方の逸材も目立つ

 開催して4年が経った準硬式の新人戦だが、硬式の東京六大学でもフレッシュリーグという名目で新人戦は開催されている。一見すると同じものだと感じられるが、詳しく見ていくと中身は違いがある。

 まずは参加チームと試合数が違う。3月の関東地区選手権で3部リーグの躍進したことを受けて、今大会は1~3部を対象に12チームが新人戦に参加した。3グループに分かれて、1グループ4チームによる予選会を実施する形式にした。

 ここで成績1位のチームが決勝トーナメントに進んだが、たとえ決勝トーナメントに進めずとも各チーム最低でも3試合はすることが出来る。硬式の東京六大学は2試合で終わってしまうことを考えれば、若干ではあるが多くの試合を経験できる。

 実際に1年生の金築からは「1、2年生は試合に出るチャンスが少ないので、この時期に大会を開催して下級生にチャンスくれるのは良いことだと思います」とチャンスが広がることに感謝の思いを述べた。

 また今大会で中央大の主将を務めた山崎大翔(2年・花巻東出身)は、「この大会でやりたいこと。やってきたことを披露できるように練習をやってきました」とモチベーションアップにもつながっていたことを語る。