2ページ目にトーナメント表を掲載中!】


 7月21日、第103回福井大会は4連覇がかかった敦賀気比と初優勝を狙う金津との決勝戦が開催された。

 敦賀気比は2回裏、1点を先制。その後、小刻みに追加点を加え、リードを広げていく。8回裏には金津のエース・藤田 貴志から3得点を奪い、7対0と大きく広げる。

 投げては背番号5の本田 克が右スリークォーターから球威ある速球とキレのあるスライダーを投げ分け、金津打線を翻弄し、4安打完封勝利で甲子園出場が決まった。

 敦賀気比は18年から続く3大会連続の甲子園出場が決定。春夏連続の甲子園は、15年以来の快挙となった。

2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

■大会日程・結果
第103回 全国高等学校野球選手権 福井大会

■7月21日の試合

第103回 全国高等学校野球選手権 福井大会

第103回 全国高等学校野球選手権 福井大会
準決勝 敦賀気比    7  -  0    金津 福井県営野球場 応援メッセージ