2ページ目にトーナメント表を掲載中!

大会展望
【前編】「敗れる姿が想像出来ない」具志川商を止めるのは?
【後編】興南、沖縄水産、日本ウェルネス沖縄など強豪揃うブロックを制すのは?

注目選手
激戦沖縄を盛り上げる13名の逸材

 第103回 全国高等学校野球選手権 沖縄大会は14日、準々決勝4試合が行われ、ベスト4が出揃った。

 中部商宮古に5対4で勝利。沖縄尚学は小禄を5回コールドの9対2で下した。選抜出場の具志川商知念に4対5のサヨナラ負けで準々決勝敗退。春Vの興南豊見城に3対5で競り負け、優勝候補2校が準々決勝で姿を消した。

 この日敗れた興南未来沖縄日本ウェルネスなど強豪私学が揃う中、ベスト4は沖縄尚学以外の3校は公立校という顔ぶれとなった。

【沖縄4強の顔ぶれ】
知念
中部商
豊見城
沖縄尚学

 準決勝2試合は17日に予定されている。

2ページ目にトーナメント表を掲載中!

7月14日の試合

第103回 全国高等学校野球選手権 沖縄大会

第103回 全国高等学校野球選手権 沖縄大会
準々決勝 知念    5  -  4    具志川商 名護市営球場 応援メッセージ
中部商    5  -  4    宮古 コザしんきんスタジアム 応援メッセージ
豊見城    5  -  3    興南 コザしんきんスタジアム 応援メッセージ
沖縄尚学    9  -  2    小禄 名護市営球場 応援メッセージ

7月17日の試合

第103回 全国高等学校野球選手権 沖縄大会

第103回 全国高等学校野球選手権 沖縄大会
準決勝 中部商    6  -  3    知念 那覇市営奥武山野球場(沖縄セルラースタジアム那覇) 応援メッセージ
沖縄尚学    7  -  0    豊見城 那覇市営奥武山野球場(沖縄セルラースタジアム那覇) 応援メッセージ

■大会の詳細・応援メッセージ
第103回 全国高等学校野球選手権 沖縄大会