9日から第103回東西東京大会が本格的に開始される。そんな9日の注目カードについて紹介をしていきたい。

【東東京】
実践学園vs都立江戸川
実践学園はフライボール革命を取り入れ、長打力を向上させた強打のチーム。140キロ近い速球を投げ込む菅沼 麟太郎も東東京では上位に入る好右腕だ。

 都立江戸川はセルフジャッジベースボール(SJB)を提唱。攻撃面での作戦ということだけではなく、投手の交代機やポジションングなども含めて、ベンチの指示に頼るのではなく、自分たちがどう判断するかと問いている。どちらも新しい野球に挑戦する気概が感じられ、好試合が期待できる。

日体大荏原vs都立文京
毎年、実力校を育て上げる日体大荏原は、01年に都立城東を甲子園に導いた梨本監督が率いる都立文京と対戦。都立文京は1年生も戦力に絡んでおり、全学年の力を結集して、勝利を目指す。



3番・清水武蔵(国士舘)

【西東京】
聖パウロ学園vs聖徳学園
聖パウロ学園は昨年、ブロック予選で帝京と接戦を演じており、聖徳学園はブロック代表決定戦で敗れたが、例年実力のある選手を揃えている。

国士舘vs都立調布北
プロ注目のスラッガー・清水 武蔵を中心に都内トップクラスの強力打線で臨む国士舘都立調布北は秋では4番エースで主将の成山 稔人が投打で牽引する。国士舘相手にどんな戦いを見せるのか。