6月24日、フレッシュオールスターの出場選手が決まった。気になるのは直近のドラフト1位の出場選手だ。今年は数多くのドラ1選手が選ばれている。

【イースタン】
20年 巨人ドラフト1位 平内 龍太神戸国際大附出身)
20年 埼玉西武ドラフト1位 渡部 健人日本ウェルネス茨城出身)
20年 東京ヤクルト1位 木澤 尚文慶應義塾出身)
19年 横浜DeNA1位 森 敬斗桐蔭学園出身)

【ウエスタン】
18年 オリックス1位 太田 椋天理出身)
19年 中日ドラフト1位 石川 昂弥東邦出身)
19年 阪神ドラフト1位 西 純矢創志学園出身)
19年 福岡ソフトバンク1位 佐藤 直樹(報徳学園出身)
20年 福岡ソフトバンク1位 井上 朋也花咲徳栄出身)

 なんと9選手が出場する予定だ。その中でも注目は11本塁打、32打点とイースタン二冠王の渡部の打撃だろう。未来の球界を担う若きスターたちのプレーに注目だ。