21日、府中市民球場では延期となっていた春季東京都大会の決勝戦、関東一日大三の一戦が行われ、関東一が5対0で勝利し、5年ぶり5度目の優勝を飾った。

 関東一市川 祐日大三宇山 翼の両エースの先発で試合がスタート。関東一は2回に8番・石見 陸、9番・滝川柊憂の連続適時打で2点を先制。4回にも石見の犠飛、滝川の適時打で2点を加えた。

 日大三も4回には二死満塁の好機を作るも相手エース市川を前に得点が奪えず、散発2安打に終わった。

 市川は9回を投げ2安打完封で5年ぶりVへ牽引した。

◇6月21日の試合

春季東京都高等学校野球大会

春季東京都高等学校野球大会
決勝 関東一    5  -  0    日大三 府中市民球場 応援メッセージ

■大会の詳細・応援メッセージ
春季東京都高等学校野球大会