16日、大分県高野連は第103回 全国高等学校野球選手権 大分大会の組み合わせを発表した。

 県内44校が参加する今大会。選抜準優勝を果たした第一シード・明豊の初戦は9日に大分雄城台中津南の勝者と戦う。昨夏独自大会王者の第一シード・津久見中津北由布の勝者と初戦を戦う。第三シードに入った大分商大分鶴崎、日出総合の勝者が初戦の相手となる。

 大会は7月5日に開幕。有観客試合が予定されており、決勝戦は22日に行われる。




7月5日の試合

第103回 全国高等学校野球選手権 大分大会

第103回 全国高等学校野球選手権 大分大会
1回戦 大分雄城台    3  -  2    中津南 別大興産スタジアム(新大分球場) 応援メッセージ
別府翔青 10  -  5    国東 別大興産スタジアム(新大分球場) 応援メッセージ
三重総合    8  -  1    宇佐産業科学 別大興産スタジアム(新大分球場) 応援メッセージ

■大会の詳細・応援メッセージ
第103回 全国高等学校野球選手権 大分大会