甲子園を沸かせた名チームを振り返るシリーズ。今回は2016年に春夏連続で甲子園出場を果たした、岡山の創志学園の主な選手たちのその後を紹介する。

投手 髙田 萌生 3年(巨人-東北楽天)2016年5位
捕手 小林 勇輝 2年(和歌山大)
内野手 北川 大貴 3年(天理大)
内野手 藤瀬 幹英 3年(立命館大)
内野手 湯井 飛鳥 3年(大阪工業大中退-滋賀ユナイテッドBC-群馬ダイヤモンドペガサス)
内野手 永田 星瑠 3年(関西大)
外野手 草加 稔 3年(天理大)
外野手 難波 侑平 2年(日本ハム)2017年4位
外野手 高井 翔 3年(近畿大工学部)

 エースの髙田 萌生は最速152キロ右腕として注目を集め、2016年のドラフトで巨人に5位指名を受けプロ入りを果たした。昨季途中に高梨雄平とのトレードにより楽天へ移籍。最速154キロ右腕として新天地での飛躍を誓う。

 2年生で3番・左翼手を務めた難波 侑平は3年時はエースとしてチームを2年連続甲子園出場に牽引した。2017年のドラフトでは北海道日本ハムに4位指名を受ける。同校では2年連続の高卒プロ輩出となった。プロ入り後は内野手に転向し4年目のシーズンを迎えた。

 2番・二塁手の湯井 飛鳥は高校卒業後、大阪工業大は進学するも中退し、滋賀ユナイテッドBC(現・オセアン滋賀ブラックス)へ入団を決め独立リーガーとしての道へ進んだ。2019年にはルートインBCリーグ選抜にも経験し、2020年は群馬ダイヤモンドペガサスで1シーズンプレーし引退を表明した。

 プロの舞台で勝負をする高田、難波を筆頭に2016年の創志学園ナインの今後の活躍ぶりにも注目だ。