6月1日の巨人戦でプロ初本塁打を放った岸 潤一郎明徳義塾出身)の勢いが止まらない。2日もマルチヒット、3日はプロ初の猛打賞を記録した。しかも3日は同点のきっかけとなる安打を記録している。

 岸は甲子園の時から大観衆に強く、入団会見前のインタビューに応じて頂いた時、こんな回答をしていた。
 「高校時代は特に感じなかったのですが、独立リーグはお客さんはどうしても少ない。そんな中、多くのお客さんが来ていただけるのは本当にありがたいことなんですよね。だから自分はそういうときほど自然とテンションが上がると思います」

 現在、コロナ禍により入場制限があるとはいえ、やはり巨人戦は注目度が高い。
1日 11.625人
2日 11.939人
3日 12.184人

 これほどの大観衆の前で打てる岸の勝負強さは素晴らしい。岸の大観衆になるほど発揮される勝負強さは一軍で活躍しつづければ、さらにクローズアップされるはずだ。