【トーナメント表】春季近畿地区大会の勝ち上がり

 5月30日、春季近畿地区大会決勝戦の大阪桐蔭vs智辯学園。約50分で、5回を終えた。その中で目立ったのが智辯学園の背番号1の小畠 一心の投球だ。

 立ち上がりから常時138キロ〜142キロの速球を連発し、130キロ前後の高速変化球、120キロ前後のスライダー、100キロ台のカーブを織り交ぜ、大阪桐蔭相手に5回を投げ、4奪三振、1失点の好投を見せている。テンポも非常によく、高校1年デビューと比べると見違えるような成長を見せている。

 中学時代から打倒・大阪桐蔭に燃えていた右腕は近畿決勝戦の舞台で、先発投手として勝利はなるか。

◇5月30日の試合

令和3年度 春季近畿地区高等学校野球大会

令和3年度 春季近畿地区高等学校野球大会
決勝 大阪桐蔭    4  -  2    智辯学園 皇子山球場

■大会日程
2021年度 春季近畿地区高等学校野球大会