今季は最後に組まれた東京六大学の早慶戦。第一戦の早稲田大のスタメンには甲子園経験メンバーがずらりと並んだ。

【早稲田大スタメンの甲子園出場歴】
1番(中)鈴木 萌斗作新学院、4年)2年夏、3年春、3年夏
2番(三)中川 卓也大阪桐蔭、3年)2年春、2年夏、3年春、3年夏
3番(右)蛭間 拓哉浦和学院、3年)3年夏、
4番(捕)岩本 久重大阪桐蔭、4年)2年春、3年夏
5番(二)丸山 壮史広陵、4年)  3年夏
6番(一)今井 脩斗早大本庄、4年)
7番(遊)熊田 任洋東邦、2年)  2年春、3年春
8番(左)野村 健太山梨学院、2年)2年夏、3年春、3年夏
9番(投)西垣 雅矢報徳学園、4年)3年春

 6番の今井 脩斗以外、8名が高校時代に甲子園の舞台を経験している。2番に入った中川 卓也大阪桐蔭の主将として2度目の春夏連覇を達成。1番・鈴木 萌斗も2年時に夏Vを経験した。主将を務める丸山 壮史は現広島の中村 奨成らと共に夏準優勝、7番・熊田 任洋は平成最後の選抜を制し、先発の 西垣 雅矢も春4強と豪華なメンバーが揃う。

 最終戦を残し、2勝6敗1分と今季はリーグ5位に沈んだ早稲田大。秋の逆襲に期待したい。