【トーナメント表】春季近畿地区大会の勝ち上がり

 29日、春季近畿大会は準決勝2試合が行われ、決勝戦のカードが決定した。

 第1試合は大阪桐蔭智辯和歌山に3対2でサヨナラ勝ちした。2対2の同点で迎えた9回裏、大阪桐蔭は一死一、二塁の好機に3番・池田 陵真主将が左越えサヨナラ打を放ち試合を決めた。

 第2試合は智辯学園京都国際を4対2で下した。先制を許した昨季近畿王者・智辯学園は6回に5番・谷口 綜大の2点適時打で同点に追いつき、8回に2点を奪い逆転に成功した。

 よって決勝カードは大阪桐蔭智辯学園の昨季と同カードとなった。選抜1回戦でも激突している両校はこれで今チームで3度目の対戦となる。これまでは智辯学園が2戦2勝。決勝戦は翌30日に行われる。

◇5月29日の試合

令和3年度 春季近畿地区高等学校野球大会

令和3年度 春季近畿地区高等学校野球大会
準決勝 大阪桐蔭    3  -  2    智辯和歌山 皇子山球場
智辯学園    4  -  2    京都国際 皇子山球場

◇5月30日の試合

令和3年度 春季近畿地区高等学校野球大会

令和3年度 春季近畿地区高等学校野球大会
決勝 大阪桐蔭    4  -  2    智辯学園 皇子山球場

■大会日程
2021年度 春季近畿地区高等学校野球大会