【トーナメント表】春季近畿地区大会の勝ち上がり

 5月29日、大阪桐蔭vs智辯和歌山の超名門校対決は、3対2で大阪桐蔭が制した。2対2で迎えた9回裏、3番池田 陵真(3年)のレフト超えの長打でサヨナラ勝ちを決めた。

 この試合は府大会で最も結果を残し、背番号1を与えられた竹中 勇登が好投。池田とともにU-15代表を経験している好右腕は最速140キロの直球と120キロ後半のスライダーをコンビネーションに9回を投げ、被安打4、3奪三振、2失点の投球を見せ、完投勝利を挙げた。注目の4番徳丸 天晴は4打数1安打に抑えこみ、「しっかりと攻めることができました」と投球内容に手応え。
 西谷監督は「もともと彼のデビューが関戸、松浦より早く、制球力も高いですし、実力もある投手。なかなか使う機会がありませんでしたが、この春にしっかりと盛り返していると思います」と急成長中の竹中を讃えていた。

◇5月29日の試合

令和3年度 春季近畿地区高等学校野球大会

令和3年度 春季近畿地区高等学校野球大会
準決勝 大阪桐蔭    3  -  2    智辯和歌山 皇子山球場
智辯学園    4  -  2    京都国際 皇子山球場

■大会日程
2021年度 春季近畿地区高等学校野球大会