2019年秋、圧倒的な強さで勝ち上がり、北信越大会優勝。正捕手の内山壮真が東京ヤクルト入りし、レベルの高い選手が多く揃った2020年の星稜ナインの進路は以下の通りとなっている。

投手 荻原 吟哉(亜細亜大)
投手 寺西 成騎(日体大)
投手 安土 慶(金沢星稜大)
投手 鳴瀬 歩(金沢星稜大)
捕手 内山 壮真(東京ヤクルト)
内野手 今井 秀輔(日本大)
内野手 知田 爽太(中央大)
内野手 花牟禮 優(同志社大)
内野手 林 大陸(亜細亜大)
内野手 街道 陸(金沢星稜大)
外野手 田岡 宏基(同志社大)
外野手 桜井 真崇(金沢星稜大)
外野手 松本 笙(法政大準硬式)

 内山はすでに一軍を経験するなど、順調なスタートを切っている。荻原もリーグ戦登板を経験し、知田もベンチ入りなど、秋以降の活躍に期待がかかる。

 近い将来、2020年の星稜OBが活躍する日もそう遠くないだろう。

(文:河嶋 宗一