【トーナメント表】春季関東大会の勝ち上がり

 専大松戸関東一による関東大会決勝戦は、初回からリードを保ち続けた専大松戸関東一を7対6で下して、初の栄冠となった。

 初回、専大松戸は関東一のミスから先制点を奪うと、5番・山口 颯大のタイムリーなどで一挙3得点。試合の主導権を握る結果になった。

 援護をもらった専大松戸先発・中舘 宙は120キロ後半から、130キロ前半の真っすぐを軸に多彩な変化球を織り交ぜる投球。相手の走塁ミスなどにも助けられ、関東一のスコアボードに0を刻んでいく。

 3回にも追加点を奪って4対0とした専大松戸は、5回に1番・石井 詠己のタイムリーなどで2点を追加。さらに、後半7回にも1点を追加して7対0と関東一を突き放した専大松戸

 8回に関東一石見 陸にホームランを許すと、9回には連打を浴びるなど1点差に詰め寄られたが、最後は2番手・岡本 陸関東一の猛追を何とかおさえてゲームセット。専大松戸が初優勝を飾った。

◇5月23日の試合

第73回 春季関東地区高等学校野球大会

第73回 春季関東地区高等学校野球大会
決勝 専大松戸    7  -  6    関東一 山日YBS球場

■大会の詳細・応援メッセージ
第73回 春季関東地区高等学校野球大会