【トーナメント表】春季関東大会の勝ち上がり

 22日、春季関東大会では準決勝戦2試合が行われ、決勝戦のカードが決まった。

 第一試合の常総学院(茨城1位)と関東一(東京2位)の一戦は、関東一が1点ビハインドで迎えた9回裏、一死一、二塁の好機に1番・染谷 真ノ介がセンターへ運び、2人が生還。6対5の逆転サヨナラで決勝進出を果たした。

 第二試合の桐光学園(神奈川2位)と専大松戸(千葉2位)の試合も延長10回にもつれ込む接戦となった。10回表を無失点で切り抜けた専大松戸はその裏、一死一、三塁の場面で5番・山口 颯大がスクイズを決め3対2のサヨナラで死闘を制した。

 関東一専大松戸との決勝戦は翌23日の午前10時より行われる。

◇5月22日の試合

第73回 春季関東地区高等学校野球大会

第73回 春季関東地区高等学校野球大会
準決勝 関東一    6  -  5    常総学院 山日YBS球場 応援メッセージ
専大松戸    3  -  2    桐光学園 山日YBS球場 応援メッセージ

◇5月23日の試合

第73回 春季関東地区高等学校野球大会

第73回 春季関東地区高等学校野球大会
決勝 専大松戸    7  -  6    関東一 山日YBS球場 応援メッセージ

■大会の詳細・応援メッセージ
第73回 春季関東地区高等学校野球大会