【トーナメント表】春季宮城県大会の勝ち上がり

 宮城県では20日、3回戦4試合が開催され、ベスト8の顔ぶれが決定した。

 仙台市民球場では東北聖和学園が対戦。この試合は聖和学園打線が爆発して東北を圧倒。8対0で東北から勝利を掴み、ベスト8進出。一方で昨秋県大会準優勝の東北が3回戦で姿を消すこととなった。

 また古川学園富谷に8対5で勝利を飾り、ベスト8進出を決めた。

 そして石巻市民球場では東北学院が6対1で東北学院榴ケ岡東陵名取北に7対1で勝利して準々決勝進出となった。

 準々決勝は5月22日に開催される予定となっている。ベスト8の顔ぶれは以下の通り。
<ベスト8>
仙台育英
日本ウェルネス宮城
東北学院
古川学園
聖和学園
東陵
仙台一
柴田

◇5月20日の試合

第68回 春季東北地区高等学校野球宮城県大会

第68回 春季東北地区高等学校野球宮城県大会
3回戦 東北学院    6  -  1    東北学院榴ケ岡 石巻市民球場
古川学園    8  -  5    富谷 仙台市民球場
聖和学園    8  -  0    東北 仙台市民球場
東陵    7  -  1    名取北 石巻市民球場

◇5月22日の試合

第68回 春季東北地区高等学校野球宮城県大会

第68回 春季東北地区高等学校野球宮城県大会
準々決勝 仙台育英    8  -  5    日本ウェルネス宮城 石巻市民球場
東北学院    3  -  0    古川学園 仙台市民球場
東陵 10  -  0    聖和学園 石巻市民球場
仙台一    4  -  3    柴田 仙台市民球場

■大会の詳細・応援メッセージ
春季東北地区高等学校野球宮城県大会