今春の選抜大会ではベスト8に進出した福岡大大濠。昨年のドラフトでは山下 舜平大がオリックスに1位指名を受け流など近年の躍進が目覚ましい。今回は、甲子園出場は果たしてないものの、春の九州王者となった2016年の主力選手たちのその後を紹介する。

投手 濱地 真澄3年(阪神)2016年4位
投手 米村 建一郎 3年(東京農大-九州三菱自動車)
投手 三浦 銀二 2年(法政大)
捕手 古賀 悠斗 2年(中央大)
捕手 松本 敦輝 3年(駒澤大)
内野手 齋藤 友哉 2年(日本体育大)
内野手 東 怜央 2年(立教大)
内野手 宮地 真太朗 3年(福岡大準硬式)
外野手 平野 孝太朗 2年(中央大準硬式)
外野手 田中 力哉 3年(筑波大)
外野手 亀井 毅郎 2年(立命館大)

 エースの濱地 真澄は、都城山本 由伸(現オリックス)、九産大九産梅野 雄吾(現東京ヤクルト)、れいめい太田 龍(現巨人)らと同世代の投手らとともに九州四天王と評されていた。2016年のドラフトでは阪神に4位指名を受け入団。今季は開幕から2軍で過ごしており、1軍昇格に向け奮起が期待される。

 2016年春季九州大会では2回戦の大村工戦と決勝の西日本短大附戦でリリーフとして登板した三浦 銀二は3年時はエースとして春の甲子園8強へ牽引。古賀 悠斗とともにU18日本代表にも選出された。法政大に進学すると1年春からリーグ戦出場を果たし、今季は主将・エースとして、チームを率いる。自身もドラフト候補右腕として注目されており、今季初戦の慶應大戦では無安打完投勝利を記録した。

 その古賀は2年春は3番・ショートとして試合に出場。2年秋より捕手に転向した。中央大に進学し今季は主将としてチームを牽引。惜しくも優勝は逃すも。リーグ戦6連勝を記録し、自身も初のベストナインに輝くなどドラフト候補捕手として活躍している。

 左腕・米村 建一郎は東京農業大に進学し、昨秋は東都3部リーグの最優秀投手に選出された。大学卒業後は福岡県に拠点を置く九州三菱自動車でプレーしている。

 プロ入りした濱地を筆頭に今後の活躍も見逃せない。そして三浦、古賀のバッテリーはともにプロ入りを果たすのか、今年のドラフトも楽しみだ。

(記事:編集部)