【トーナメント表】東海大会の組み合わせ

【トーナメント表】愛知県大会の勝ち上がり

【トーナメント表】岐阜県大会の勝ち上がり

【トーナメント表】静岡県大会の勝ち上がり

【トーナメント表】三重県大会の勝ち上がり

 20日より春季東海大会が開幕。各県の春季大会を勝ち抜いた代表全8校が東海頂点を目指してしのぎ路る戦いが始まることになる。初日は2球場に分かれて1回戦4試合が行われるが、最大の注目はダイムスタジアム伊勢の愛工大名電岐阜第一だろう。

 愛工大名電田村 俊介岐阜第一阪口 樂とともに世代を代表する二刀流を擁する。2人の活躍が1つポイントとなりそうだが、愛工大名電にはスカウトも注目する大型右腕・寺嶋 大希も鍵を握りそう。140キロ後半の速球が岐阜第一相手にどこまで通じるか。また、岐阜第一は阪口とともに打線を牽引する岡本海透の打撃にも注目したい。

 同じダイムスタジアム伊勢では、掛川西津商が対戦。掛川西はプロ注目の最速144キロ左腕・沢山 優介がいるが、津商は地元・三重1位校としてどういった野球で向かっていくか。

 四日市市営霞ヶ浦球場には享栄が登場。肥田 優心竹山 日向菊田 翔友の強力投手陣を擁する。対する藤枝明誠は昨秋に続いて東海大会出場。県大会では山田蓮と小林 輝の継投パターンやチーム底上げに手ごたえを感じながら優勝を飾った。東海大会の舞台で発揮できるか。

 中京津田学園の一戦は、二刀流で奮闘する中京小田 康一郎津田学園窪田 勇成の投球に注目したい。

◇5月20日の試合

■結果詳細・応援メッセージ
第68回 春季東海地区高等学校野球大会