【トーナメント表】春季関東大会の勝ち上がり

 5月17日、春季関東大会準々決勝2試合が開催された。

 第1試合の日本航空vs関東一の一戦は関東一が7対3で勝利した。

 プロ注目のエース・市川 祐がまたも好投を見せた。5対3でリードした6回表、マウンドに登った市川は最速140キロのストレート、球速差をつけたスライダー、カーブを投げ分け、強打の日本航空相手に4回無失点の好投。8回裏にも2点を追加し、ダメ押しに成功。2016年以来のベスト4入りとなった。

 そして第2試合の桐光学園vs関東学園大附の試合は、6回裏に1点を先制した桐光学園は最速148キロ右腕・中嶋 太一が常時140キロ中盤の速球を武器に、4回3奪三振無失点の快投で関東学園大附打線を抑え、勝利を決めた。

 18日は、花咲徳栄vs常総学院浦和学院vs専大松戸という関東を代表する名門校同士の対決が開催される。

◇5月17日の試合

第73回 春季関東地区高等学校野球大会

第73回 春季関東地区高等学校野球大会
準々決勝 桐光学園    1  -  0    関東学園大附 山日YBS球場
関東一    7  -  3    日本航空 山日YBS球場

◇5月18日の試合

第73回 春季関東地区高等学校野球大会

第73回 春季関東地区高等学校野球大会
準々決勝 常総学院 10  -  8    花咲徳栄 山日YBS球場
専大松戸    9  -  5    浦和学院 山日YBS球場

■大会の詳細・応援メッセージ
第73回 春季関東地区高等学校野球大会