【トーナメント表】東海大会の組み合わせ

 20日より開幕した春季東海地区大会。三重県で5月23日までの4日間にかけて大会が開かれるが、今回は以前掲載した「今年の東海地区はタレント揃い。東海大会に出場する9人の逸材」で紹介させてもらった9選手の情報をまとめた。どの選手も今大会の活躍が期待される選手ばかり。果たしてどんな活躍を見せてくれるのか。今から非常に楽しみである。

田村 俊介愛工大名電
県大会では打率.500、OPS1.359と打者として活躍。しかし投げても130キロ後半の速球で安定した投球が光った。

寺嶋 大希愛工大名電
県大会では13回を投げて28奪三振と好成績。140キロ後半をマークする快速球を武器に三振を量産する本格派右腕

宮崎 海愛工大名電
県大会決勝では高校通算20本目となるホームランを放ったスラッガー。上から振り下ろす独特な軌道でボールに回転をかけながら、強い打球を広角に打ち分ける。

阪口 樂岐阜第一
投げては最速143キロを計測し、打っては通算20本塁打を超える逸材。県大会では26.2回を投げて35奪三振投手として活躍が光った。

沢山 優介掛川西
140キロ前半の速球と切れの良い変化球を武器となる本格派左腕。

榊原 遼太郎掛川西
最速で144キロを計測するなど140キロを超える速球を投げ込むとされ、沢山とともに掛川西を支える。

竹山 日向享栄
最速147キロを計測する剛腕で、春先の市立和歌山との練習試合で好投を見せたことで話題に。県大会では3試合に登板して防御率0.95と安定した投球を見せた。

肥田 優心享栄
最速149キロを計測する投手として注目が集まる。県大会では7.1回を投げて、1失点と安定した投球を見せていた。

彦坂 藍斗享栄
1年生時より注目されていたスラッガー。県大会でもホームランを放っており、東海大会でも活躍が期待される。

◇5月20日の試合

■結果詳細・応援メッセージ
第68回 春季東海地区高等学校野球大会