【トーナメント表】奈良県大会の勝ち上がり

 15日、奈良県では春季大会の決勝戦、天理智辯学園が行われる。今春の選抜でも智辯学園は8強、天理は4強入りを果たし、両校ともに全国屈指の実力を示した。2季連続での決勝で激突する両校の過去5試合の直接対決の戦績は以下の通り。

2020年10月4日
奈良県大会決勝
天理 8-2 智辯学園

2019年10月5日
奈良県大会準決勝
智辯学園 13-3 天理

2018年10月6日
奈良県準々決勝
天理 12-4 智辯学園

2018年7月27日
奈良大会準決勝
天理 8-7 智辯学園

2018年5月12日
奈良県大会準決勝
智辯学園 10-0 天理

 過去5試合では天理が3勝2敗と勝ち越している。昨秋決勝戦は達 孝太天理)、西村 王雅智辯学園)の両エースの好投により7回まで2対2の同点で終盤戦に突入。試合が動いたのは7回裏、天理は先頭の6番・堀内 太陽の内野安打を皮切りに打線につながりをみせ一挙6得点を奪いワンチャンスをものにした。

 今回も両校盤石な投手陣による引き締まった展開が予想される。天理は昨夏独自大会から続く3季連続県制覇、智辯学園が19年春に次いで春季大会2連覇がかかっている。

 優勝校は5月22日より滋賀県で行われる春季近畿地区大会に出場する。

◇5月15日の試合

令和3年度 春季近畿地区高等学校野球大会 奈良県予選

  • 決勝 佐藤薬品スタジアム(奈良県立橿原公苑野球場) 智辯学園   3  -  1   天理
令和3年度 春季近畿地区高等学校野球大会 奈良県予選
決勝 智辯学園    3  -  1    天理 佐藤薬品スタジアム(奈良県立橿原公苑野球場)

■大会の詳細・応援メッセージ
春季近畿地区高等学校野球大会 奈良県予選