【トーナメント表】春季大阪府大会の組み合わせ

【トーナメント表】春季京都府大会の組み合わせ

 15日は奈良県で春季大会決勝戦が行われるが、京都と大阪では準決勝2試合と決勝戦が今週末で行われることとなる。

 京都は選抜に出場した京都国際乙訓と対戦。森下 瑠大平野 順大の左右のWエースを軸に乙訓を抑えられるか。逆に、乙訓は昨秋から好投を見せ続ける北見 隆侑の活躍に期待がかかる。

 もう1試合は東山京都成章の一戦。昨秋はベスト4に終わった東山だが、大型スラッガー・早田 慧らを中心に、決勝の舞台へ勝ち上がれるのか。対する京都成章は、昨秋1次予選敗退だったが、今春はベスト4まで勝ち上がる躍進ぶり。鳥羽立命館宇治などを破った勢いそのままに決勝へ勝ち上がれるか。

 大阪は、選抜にも出場した昨秋大阪王者・大阪桐蔭が登場。2018年の秋に準々決勝で対戦した経験のある関大北陽との一戦。その時は11対9で打ち勝ったが、今回はどういった試合を展開するのか。

 その大阪桐蔭とともに2018年の夏の甲子園に南大阪代表で出場した近大附は、桜宮と対戦。桜宮は4強唯一の公立校だが東海大仰星興國と強敵に勝っているだけに勢いに乗っている。こちらの試合も好ゲームになることが期待される。

 近畿大会出場を決めるのはどのチームなのか。熱戦になることを期待したい。

◇5月15日の試合【大阪】

令和3年度 春季近畿地区高等学校野球大会 大阪府予選

令和3年度 春季近畿地区高等学校野球大会 大阪府予選
準決勝 近大附 13  -  8    桜宮
大阪桐蔭 12  -  2    関大北陽