まさにエースの貫禄を感じさせる完投勝利だった。

 第5週に突入した東京六大学野球春季リーグ戦。8日は明治大学と法政大学が対戦し、明治大学が3対1で勝利。両者譲らぬ投手戦を、明治大エース・竹田 祐履正社出身)が法政大学・三浦 銀二福岡大大濠出身)に投げ勝った。

 ピンチを脱するたび、竹田は「よっしゃー」とグラウンドで吠え、強く拳を握りしめた。前回の慶応義塾大学戦での悔しい6回途中6失点で降板。「野手の方に迷惑をかけたので、今日は気持ちを込めて投げました」と竹田のなかでは悔しさを晴らすためにマウンドに上がった。

 慶応義塾大学に敗れてから、竹田は突っ込み気味になっていたフォームを修正。低めへ強いボールを投げられるように練習を重ねてきた。そのおかげで、「低めへ伸びるボールをしっかり投げられることが出来ました」と改善したことが、試合で上手くはまり、法政大学打線を散発5安打に封じ込めた。

 その竹田のフォームを見ると、同大学の2学年先輩・森下 暢仁大分商出身)に似ていることに気づく。特に、セットポジションから左足を上げてから1本足で静止するまでの動作は、先輩・森下によく似ている。竹田本人は、「足の上げ方は練習してきましたが、(森下さんのフォームを)そんなに見たわけではないです(笑)」と話したうえで、自身のなかでの変化を解説した。

 「今の上げ方にして、立ちやすくなったので、しっかりと立てるようになってきました。そうすれば、その後の動作にも良い流れで入れるので、結果的にボールをしっかりコントロールできるようになりました」

 竹田自身初のリーグ戦完投勝利となった法政大学戦。この投球には指揮官・田中監督も「背番号11にふさわしい投球をしてくれた」とエースの初完投を労った。また法政大学・加藤監督は「威力のある高めの真っすぐと低めの変化球の組み合わせに的を絞れずに完璧にやられました」とコメント。相手エースを賞賛した。

 フォームだけではなく、マインド、投球内容も含め、エースナンバー11番にふさわしい投手へ一皮むけようとしている竹田。今年は大学野球最終年。今後の進路を占う意味でも、リーグ戦での結果は非常に大事になってくる。初の完投を経験に変えて、次戦でも快投を見せてくれることを楽しみにしたい。

(記事:編集部)