7日、大分県高野連は第139回 大分県高等学校野球選手権大会の組み合わせを発表した。

 各地区予選を突破した11校と春季九州大会出場の明豊大分舞鶴津久見柳ヶ浦藤蔭の5校を加えた計16校で優勝を競う。選抜準Vの明豊の初戦は大分商に決まり、ライバル校対決が初戦で実現した。今春県王者の大分舞鶴中津南と初戦を戦う。

 大会は15日に開幕し、16日に準々決勝4試合、22日に準決勝2試合、23日に決勝戦が行われる予定。

5月15日の試合

第139回 大分県高等学校野球選手権大会

  • 1回戦 臼杵市民球場 佐伯鶴城   8  -  1   大分南
  • 1回戦 ダイハツ九州スタジアム(大貞総合運動公園野球場) 大分舞鶴   1  -  0   中津南
  • 1回戦 別大興産スタジアム(新大分球場) 明豊   8  -  1   大分商
第139回 大分県高等学校野球選手権大会
1回戦 佐伯鶴城    8  -  1    大分南 臼杵市民球場
大分舞鶴    1  -  0    中津南 ダイハツ九州スタジアム(大貞総合運動公園野球場)
明豊    8  -  1    大分商 別大興産スタジアム(新大分球場)

■大会の詳細・応援メッセージ
第139回 大分県高等学校野球選手権大会