中国地区では3日に鳥取と島根で3位決定戦・決勝戦が行われ、4県で春季中国地区大会(開催地鳥取は4校、そのほか各2校の8校出場)の出場校が決定した。出場を決めた7校の顔ぶれと順位は以下の通り。

創志学園(岡山1位)
米子松蔭(鳥取1位)
米子東(鳥取2位)
鳥取城北(鳥取3位)
鳥取商(鳥取4位)
立正大淞南(島根1位)
下関国際(山口1位)

 そして、広島ではベスト4が出揃っており、8日に準決勝2試合が行われ、中国大会の出場校が出揃う予定。中国大会は4月24日(土)~30日(金) の日程で開催される。

5月8日の試合【広島】

令和3年度 春季広島県高等学校野球大会

  • 準決勝 広島県総合グランド野球場(コカ・コーラウエスト野球場) 広陵     -     広島新庄
  • 準決勝 広島県総合グランド野球場(コカ・コーラウエスト野球場) 尾道     -     呉港
令和3年度 春季広島県高等学校野球大会
準決勝 広陵   -   広島新庄 広島県総合グランド野球場(コカ・コーラウエスト野球場)
尾道   -   呉港 広島県総合グランド野球場(コカ・コーラウエスト野球場)