【トーナメント表】春季石川大会の勝ち上がり

 4日、石川県では準決勝2試合が石川県立野球場で開催。日本航空石川小松大谷の2校が決勝戦へ勝ち進んだ。

 日本航空石川星稜とのライバル対決。試合は日本航空石川の注目スラッガー・内藤鵬の活躍などで日本航空石川が6得点を奪う。守っては戎大智の好投で2点に抑える試合展開で、日本航空石川星稜を6対2で下して勝利。決勝戦へ勝ち進んだ。

 小松大谷金沢の一戦は互いに点数を取り合う試合模様。接戦となったが、小松大谷が6対4で金沢を下して決勝戦へ駒を進めた。

 日本航空石川小松大谷の決勝戦は5月8日に行われる。

◇5月4日の試合

第144回 北信越地区高等学校野球 石川県大会

第144回 北信越地区高等学校野球 石川県大会
準決勝 日本航空石川    6  -  2    星稜 石川県立野球場
小松大谷    6  -  4    金沢 石川県立野球場

◇5月8日の試合

第144回 北信越地区高等学校野球 石川県大会

第144回 北信越地区高等学校野球 石川県大会
決勝 小松大谷    4  -  3    日本航空石川 石川県立野球場

■大会の詳細・応援メッセージ

第144回 北信越地区高等学校野球 石川県大会