2016年から2020年までの5年間で新人王2人を輩出している県立校があります。それが大分商です。

 2017年のパ・リーグ新人王の源田壮亮選手。2020年のセ・リーグ新人王の森下 暢仁選手はともに大分商出身。

 源田選手はルーキーでゴールデングラブ賞を受賞し、ここまで計3回のゴールデングラブ賞を受賞。森下選手は昨季防御率1点台とルーキーとは思えぬ好投を見せました。

 そんな2人の高校時代の恩師である渡辺監督に当時のエピソードや現在の活躍について思うこと。そして後輩たちにもお話を聞きました。

(動画を見る)