【トーナメント表】春季栃木県大会の勝ち上がり

【トーナメント表】春季千葉県大会の勝ち上がり

【トーナメント表】春季埼玉県大会の勝ち上がり

【トーナメント表】春季神奈川県大会の勝ち上がり

 5月3日、関東地区では準決勝が行われる県が多い。関東大会出場がかかることもあり、各地で白熱した試合が展開されることが期待される。そこで各県の注目点を簡単に見ていきたい。

【栃木】
準々決勝4試合が行われる栃木県。4試合の中でも気になるのは作新学院文星芸大附。そして青藍泰斗佐野日大ではないだろうか。

 ともに強豪として栃木県の高校野球を牽引する作新学院文星芸大附。ただ昨秋、作新学院は県大会2回戦、文星芸大附は県大会3回戦で姿を消し、悔しさを味わっている。準決勝の切符を掴むのはどちらになるのか。

 昨秋は4強まで勝ち進んだ青藍泰斗は、春から監督が交代。OBで、元プロ野球選手の石川 俊介氏が監督に就任している。新体制となったチームがこのまま秋に続いて4強入りを決めるか。一方の佐野日大は昨秋8強で姿を消している。ここまでは2試合とも10得点と打線が好調。2019年の春以来、2年ぶりの関東の舞台へ勝ち上がれるか。

<注目校>
作新学院
文星芸大附
青藍泰斗
佐野日大

【千葉】
準決勝2試合が千葉県野球場で行われる千葉県。第1試合は成田千葉学芸が激突。成田は準決勝までエース・永名 悠平を中心とした投手陣が安定。守りから攻撃に繋げることが出来るか。

 対する千葉学芸は主砲・有薗 直輝が調子を上げてきた。初戦の市立柏戦で顔に死球を受けたが、徐々に回復。準々決勝・中央学院戦で高校通算57本塁打を放った。このままチーム初の決勝へ突き進めるか。

 2試合目は専大松戸県立船橋の一戦。専大松戸はエース・深沢 鳳介が今大会一度も登板していないが、144キロ右腕・岡本 陸らの好投。さらに打線も準々決勝・習志野戦で3本のホームランを放つなど、投打の調子は上がっている。

 一方の県立船橋は、千葉黎明、東海大市原望洋、市立船橋を破る快進撃で勝ち上がってきた。勢いそのままに専大松戸も撃破なるか。

<注目校>
専大松戸
県立船橋
成田
千葉学芸