【トーナメント表】春季茨城県大会の勝ち上がり

【トーナメント表】春季群馬県大会の勝ち上がり

【トーナメント表】春季山梨大会の勝ち上がり

 2日は関東地区で茨城、群馬、山梨県の3県で大会が行われる予定となっている。各県では準々決勝や決勝と好ゲームが期待される。期待が集まる各県の注目カードを見ていきたい。

【茨城】
 準々決勝4試合が2会場に分かれて行われる茨城県。なかでもJ:COMスタジアム土浦では、常総学院明秀学園日立の強豪同士の一戦が実現する。常総学院は選抜でも活躍した秋本 璃空大川 慈英のWエース。対する明秀学園日立は141キロを計測するプロ注目左腕・飯田 真渚斗がいる。両チーム互いに好投手がおり、投手戦となるか期待が集まる。

 また、2試合目には水城が登場。プロ注目右腕・樫村佳歩を擁して霞ヶ浦を破ったが、対するは元プロの紀藤監督が率いる水戸啓明。どういった試合となるのか。
<注目校>
常総学院
明秀学園日立
水城
水戸啓明

【群馬】
 残すところは決勝戦のみ。館林を8対0で下した東農大二。そして接戦を制した関東学園大附。準決勝を振り返ると、東農大二健大高崎も封じた技巧派・黒岩光崇。関東学園大附は最速144キロを計測する石原 勇斗とタイプの違う2投手の活躍が光っていた。ともに関東大会出場を決めたチーム同士の対決となるが、頂点に立つのはどちらになるのか。
<注目校>
東農大二
関東学園大附

【山梨】
 準決勝2試合が行われるが、選抜出場の東海大甲府駿台甲府と激突する。東海大甲府は秋8強にはいた駿台甲府との一戦となるが、ここを制して関東大会の切符を掴むことが出来るのか。

 また2試合目は甲府工日本航空の一戦。日本航空は準々決勝で強豪・山梨学院と対戦。ライバル相手に11対0というスコアで快勝して勢いに乗っている。対する甲府工はプロのスカウトがチェックする逸材・末木克典を擁する。最速143キロを計測する好投手だが、勢いに乗る日本航空を封じることはできるのか。
<注目校>
東海大甲府
駿台甲府
日本航空
甲府工

◇5月2日の試合【茨城】

第73回 春季関東地区高等学校野球 茨城県大会

第73回 春季関東地区高等学校野球 茨城県大会
準々決勝 常磐大高    6  -  5    土浦日大 水戸市民球場
常総学院    4  -  3    明秀学園日立 J:COMスタジアム土浦
水城    5  -  4    水戸啓明 J:COMスタジアム土浦

◇5月2日の試合【群馬】

第73回 春季関東地区高等学校野球大会 群馬県予選

第73回 春季関東地区高等学校野球大会 群馬県予選
決勝 関東学園大附    7  -  1    東農大二 高崎市城南野球場

◇5月2日の試合【山梨】

第73回 春季関東地区高校野球山梨県大会

第73回 春季関東地区高校野球山梨県大会
準決勝 駿台甲府    6  -  3    東海大甲府 山日YBS球場
日本航空    6  -  0    甲府工 山日YBS球場