【トーナメント表】和歌山県大会の勝ち上がり

 30日、春季和歌山大会では準々決勝4試合が行われ、ベスト4が出揃った。

 今春の甲子園に出場した市立和歌山が4強入り。米田と小園による投手リレーで、熊野打線を寄せ付けなかった。

 近大新宮が8年ぶりの4強入り。三田と新川の継投で相手を無失点に抑えると、8回表に山下慎が決勝の適時打を放った。

 和歌山東が春季大会では初めての4強入り。初回に高橋の犠飛で先制すると、その後も着実に加点し、耐久の反撃を振り切った。

 智辯和歌山が苦しみながらも田辺工に逆転勝ち。6回裏に德丸の2点適時打で追いつくと、8回裏に岡西の犠飛などで5点を勝ち越した。

 準決勝2試合は5月8日に行われる予定。

4月30日の試合

令和3年度 春季近畿地区高等学校野球大会 和歌山県予選

令和3年度 春季近畿地区高等学校野球大会 和歌山県予選
準々決勝 市立和歌山    5  -  0    熊野 和歌山県営紀三井寺野球場
近大新宮    2  -  0    向陽 和歌山県営紀三井寺野球場
和歌山東    6  -  2    耐久 和歌山県営紀三井寺野球場
智辯和歌山    8  -  3    田辺工 和歌山県営紀三井寺野球場

5月8日の試合

令和3年度 春季近畿地区高等学校野球大会 和歌山県予選

令和3年度 春季近畿地区高等学校野球大会 和歌山県予選
準決勝 市立和歌山   -   近大新宮 和歌山県営紀三井寺野球場
和歌山東   -   智辯和歌山 和歌山県営紀三井寺野球場

■大会の詳細・応援メッセージ
令和3年度 春季近畿地区高等学校野球大会 和歌山県予選