【トーナメント表】春季九州地区大会の勝ち上がり

 4月28日、春季九州大会準決勝第1試合の九州国際大付vs興南との一戦は2対1で九州国際大付が競り勝ち、3年ぶりの決勝進出を決めた。

 1回裏、九州国際大付の4番・黒田 義信(2年)の2ランが飛び出し、2点を先制。その後、エースの山本 大揮が粘り強い投球で1失点完投勝利を収めた。先制2ランの黒田は「つなぐつもりだったので、予想以上に打球が伸びてくれた。投手の方々はしっかりと守ってくれるので、自分は一打席一打席を大事にして打席に入っているので、結果が出てよかったです」と喜んだ。

 完投勝利の山本は「前回の試合は終盤で勢いが落ちてしまったので、この試合は7割程度の力で投げて、終盤にギアチェンジする投球で抑えることができました」と天性のゲームメイク能力の高さを発揮した。

 福岡勢は18年から2大会続けて春の九州を制している。果たして九州国際大付は3年ぶりの優勝はなるか。

◇4月28日の試合

第148回 九州地区高等学校野球大会

第148回 九州地区高等学校野球大会
準決勝 九州国際大付    2  -  1    興南 別大興産スタジアム(新大分球場)
具志川商    8  -  0    福岡大大濠 別大興産スタジアム(新大分球場)

■大会の詳細・応援メッセージ
第148回 九州地区高等学校野球大会